外国人労働者雇用ならミャンマー人採用のMIBTI

MIBTI 技能実習生雇用

入国前の準備MIBIT

人材を受け入れるにあたって、企業の皆様にお願いしている準備内容です。

MIBTI 技能実習生雇用

社宅

勤務先に近い場所が望ましいです。一部屋に男女共住は厳禁で、ルームシェアは同性のみ可です。
ただしルームシェアの場合でも寝室は別々で、トイレ、バス、キッチン、リビングは共用可です。
電気、ガス、水道は会社名義で契約をして、給料から差引きます。

家電製品

生活家電用品一式。炊飯器、冷蔵庫、電子レンジ、ガスコンロ、洗濯機、掃除機、エアコン、アイロンなど。 リサイクルショップからの購入でも可です。
購入費用については、会社負担の場合と本人負担の場合があります。ただし本人負担の場合は、最初に会社が立て替え、後に分割払いで毎月本人の給料から差し引くことが多いです(家電製品は高額の為)。ルームシェアの場合は、共用可です。

寝具

ベットで寝るあるいは、床でマットレスで寝るどちらでも可です。布団、毛布、枕、マットレスのセットなどの用意をお願いします。

インターネット

ミャンマーの家族や友達がホームシックをカバーしてくれる為、インターネット環境は重要です。多くの場合は、ミャンマーから携帯電話を持参し、日本でSIMを購入して使います。
SIMやインターネットの契約には、ビザ有効期間2年以上が必要な場合が多いです。そのため、会社名義で契約していただき、インターネット代金は給与から差し引く形が喜ばれます。
プランの契約内容は、動画を見たり勉強をしたりするので、無制限使い放題の場合が多いです。

印鑑

銀行口座開設に必要となります。会社側が用意し、費用は給与から差引いて下さい。来日前にJ-SATより、名前のどの部分を印鑑にするかを連絡しますので、用意をお願いします。

日用品

基本的に自炊生活の為、必要最低限の調理器具や食器が必要です。日用品諸々としてティッシュ類、洗剤類、ゴミ袋、洗濯干し、中型フライパン、小さい深鍋、お皿スプーン、フォークなどの準備をお願いします。 洗剤類の区別が難しい為(種類が多い)説明が必要です。

自転車

スーパーやコンビニ、通勤距離などが遠い場合は自転車が必要です。購入の際には、自転車売場でTSマークの赤色保険に必ず加入するよう勧めてください。

地域の情報

生活に必要な周辺施設の地図(銀行、スーパーマーケット、100円ショップ、病院、薬局、床屋など。)
地域で行われている、外国人向けの日本語クラスの有無。入国後も日本語の勉強ができるように参加が望ましいです。地域のお祭りやイベントなど、日本の文化を体験できるような情報。
台風、地震などの災害に関して、基本的な注意事項や避難所を教える必要があります。

その他

ミャンマー人は寒さに全く慣れていない為、寒さ対策などのアドバイスをお願いします。

入国当日の流れMIBTI

MIBTI 技能実習生雇用

入国初日のスケジュールは、事前に受入れ会社とJ-SATで連絡を取り、段取りの詳細を決めます。当日はJ-SATのスタッフ、又は組合(技能実習生の場合)が同行します。
下記の流れはJ-SATのスタッフが行っている一般的な例となります。飛行機の到着時間により順番が前後する場合があります。

  1. 人材の出迎え

    たくさんの荷物(大きなスーツケース2~3個分)を持ち、来日します。受入れ人数にもよりますが、大きめの迎えの車の準備があると便利です。

  2. 社宅の確認

    まず社宅へ直行し荷物を置き、部屋の確認をします。その際、買い出しが必要なものを確認しておきます。
    (住民登録や口座開設の手続きを終了してから、買い出しに行きます。)

  3. 勤務先の訪問

    時間に余裕がある場合は、社宅から勤務先へ伺います。見学、従業員の方へ挨拶をさせていただきます。勤務先へ向かう際に、通勤経路を教えていただくと安心です。

  4. 住民登録

    市区町村役場で、在留カード裏面に住所の印字をしてもらいます。この手続きをしてからでないと、銀行口座開設ができません。

    ※住民登録時に、現住所(社宅)と電話番号(会社)が必要となりますので、あらかじめご用意ください。まだ携帯電話が利用できない為、電話番号は会社のものを記入します。
    社会保険未加入の会社の場合は、国民健康保険・国民年金の加入手続きも行います。

  5. 口座開設

    在留カード、印鑑を持参の上、銀行で口座開設をします。(※窓口受付は15時終了)
    ゆうちょ銀行の場合:印鑑があるとよいですが、なくても口座開設可
    他銀行の場合:現時点では,口座開設に6か月以上の在留期間が必要な場合が多い

  6. 生活用品の買い物

    当面の日用品や、食料(当日の夕食や翌日の朝食など)の買いものに行きます。その際、生活に必要な周辺施設の案内をお願いします。
    ※入国時は節約しなければならないので、特に100円ショップやリサイクルショップ。

  7. 打ち合わせ、説明

    社宅へ戻り、生活ルールなどの説明をします。J-SATより、日本での生活の注意点・家電製品の使い方・ゴミの分別や出し方などを説明します。受入れ会社担当者と翌日以降のスケジュール確認します。

  8. 入国初日フォロー終了